2018/01/15

車の保険を見直しました②被害者として学んだ事

車の保険のお話②です。

特約名や補償内容は
我が家が契約している保険会社のもです。
特約名や補償内容については会社ごとに異なる場合がございますので、
約款等にてご契約の補償内容を確認、
または契約予定の保険会社に確認願います


★対物賠償保険
★対物差額修理費用保障特約


上記2つは似ていますが、ことなるものなので、ご注意願います。


さて、
修理工場の方から
全損処理で修理不可の可能性を言われた我が家。

お休みの日だったため、
月曜に加害者側の保険会社に連絡をとってみないとわからないと言われました。

通常の補償内容だと不可。
(時価額を超える修理費用が発生するため)

特約で

対物差額修理費用補償特約』がついていれば50万までなら修理可能。
(我が家の過失割合は0の為、50万までの差額が全額保証されます)

まさかつけていないだろうなぁと思っていたら!

なんとつけてくれていたようです。
そして我が家の車の修理は50万以内で済んだようです。


その特約のおかげで、
我が家の車は廃車にならず、

綺麗に修理されて戻ってきました!!
(20年ぐらい前の車の為、新品の部品はなくきれいな中古で修理されてきましたが)

もし
全損となった場合、
泣き寝入りになるところでした。

過失ゼロでも。

まだまだ乗れた車が廃車になるところだったんです。
(修理費用を自腹するつもりはありませんでした)

弁護士つけて争っても勝ち目はなさそうだし、
弁護士費用の方がかかりそうだし、
そんな気力もありません。

本当にありがたかったです。


なので、
我が家の車の保険の更新時期に

対物差額修理費用補償特約』

付けました。

車の保険_LI (2)


増えた保険料は我が家の場合は400円ぐらいだったかな?

1000円しないです。

たった数百円の違いで相手の生活が大きく変わってしまうかもしれない。
我が家みたいに、この特約のおかげで守れるならという思いです。

まずは、事故を起こさないことがもちろん一番大事です。

この特約は
修理額と時価額の差額を過失割合に応じて50万円まで補償してくれるものです。


対物賠償保険を無制限で加入
といっても、
その無制限は法律上の賠償責任金額になるので、『時価まで』になります。なので、
この対物差額修理費用補償特約を相手が付けていなければ
きれいに修理されて戻ってくることはありませんでした。

加害者側の会社がきちんと特約を付けてくださっていたことに感謝です。
また加害者の方からも謝罪を受けましたので

この事故に関しては、
終了しています。

一度ご自身で加入されている保険会社の特約を調べてみてくださいね。
名称は違っていてもこの特約はあるかと思います。

*特約など補償内容についてはご自身できちんと契約先の内容をご確認の上、
加入される場合はご自身の責任にてご加入願います。



スポンサードリンク

2018/01/14

車の保険を見直しました① 被害者側 過失0の玉突き事故から

車の保険について①
ちょっと長いので2回に分けて投稿させていただきます。


保有20年近い我が家の車。
旦那さんが独身時代に購入したものです。

車両の保険はつけてももう意味がないと
数年前に言われてから車両の補償は外しています。

1年以上前に旦那さんが玉突き事故に遭いました。

前の車が止まっていたので、
旦那さんの車も止まっていました。

そこに後ろから追突され、
旦那さんの車も押されて前に追突。
止まっていた為過失ゼロです。

ぶつかってきた相手は、
会社の営業車を運転中だったようで対応をきちんとしてくださいました。
本当は止まる場所ではないETCの入口で先頭の車が止まっていたみたいです。

問題は我が家。
旦那さんはむち打ちになり病院へ。
ただし、
事故扱いの為、
自己負担なし。
加害者の保険会社に直接請求してもらえる形になりました。

車、
自宅に取りあえず乗って帰ってきましたが、
見るも無残な事故車。
バンパーはガムテープで抑えられていました・・・。
ライトも欠けてたかな?

相手の保険できれいに修理してもらえると思っていた我が家。

そんな我が家に衝撃的な事実。

修理は
時価額まで。
修理費用がそれ以上の場合は全損扱いになってしまい、
修理してもらえなくなってしまうというのです。

我が家の車の時価20万円。
修理費用は絶対にオーバーとのこと・・・・。

もし
買い替えをしようとしているところならラッキーだったかもしれません。
でも我が家はこの車で最後の予定。
娘が中学生いっぱいぐらいまで乗れて終わりの予定でした。

徒歩5分程度のところに駅があり、
車が必須の場所ではないので・・・。
1ヵ月に1回乗るかどうかの車は手放したいのが私の心情です。

でも、
まだ廃車にしたくありません。
まだ娘は小学生。
家族で出かける機会があります。
旦那さんの実家も車で行っています。

大切な愛車が(ふつうの車ですが)
自分の意図しない形で廃車になってしまうのも旦那さんは納得がいかないと・・。

ちょうどFPの勉強ででてきた内容であったため、
私も調べまくりました。

そんな我が家を救ってくれたのは
相手の方が加入していた特約でした。

②へ続く

スポンサードリンク